2007年01月15日

女性にみられる脱毛症

女性にみられる脱毛症

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

びまん性脱毛症
髪が均等の密度で頭の特定の場所ではなく、全体に抜けて薄くなります。特に髪の分け目の皮膚が透けて見えるようになり、年齢的には、特に中年以降の女性に多い脱毛症です。原因としては、老化・ストレス・極端なダイエット・過度のヘアケアが考えられます。



分娩後脱毛症

妊娠後期に成長期の毛髪の割合が増え、これが出産後に休止期に入るため、出産後しばらく抜け毛が多くなります。産後6カ月ほどの授乳を終えるころには回復します。


牽引性脱毛症

ポニーテールや束髪など、毛髪が持続的に引っ張られる事によって発生する脱毛症です。牽引が長期間に渡って持続した場合には回復しない事もありえますが、一般的には、髪型を変えることによって回復します。


はげ!ハゲ!剥げ!要注意!増毛植毛抜け毛つけ毛対策委員会






[PR]
東京都歯科医院検索サイト


【関連する記事】
posted by 髪のお悩みドットネット at 06:38| 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。