2007年05月01日

脱毛症と生活習慣 帽子の着用

脱毛症と生活習慣

帽子の着用

帽子をかぶるとハゲるという説がありますが、それは間違った認識です。

帽子をかぶらず、直射日光を大量に浴びると、熱中症にかかったり、頭皮にダメージを与えたりする他、紫外線により頭皮の皮脂が酸化します。酸化した皮脂は過酸化物質となって毛根細胞を死滅させ、脱毛を促進します。

頭皮は髪の毛に護られているとはいえ、その他の肌の部分と何ら変わらず、保護されなければ簡単に傷ついてしまいます。直射日光を浴びる際に、肌を衣服や日焼け止めクリームで護るのと同様に、頭皮も防止などで保護するのに越したことはありません。暑くなる季節には、積極的に帽子を着用するよう心がけましょう。

尚、帽子は、きつくなく、通気性のいいものをお勧めします。きつい帽子をかぶると頭皮の毛細血管を圧迫して血行障害を起こしてしまい、風通しの悪いきっちきとした帽子をかぶっていると、頭は蒸れ、細菌が繁殖して毛根に悪影響を与えてしまいます。



はげ!ハゲ!剥げ!要注意!増毛植毛抜け毛つけ毛対策委員会





[PR]
東京都歯科(歯医者・歯科医院)口コミランキング検索サイト
アトピー地獄からの脱出!アトピーを根本から克服するための成功ノウハウ
大きくなったら二度と戻ることがない豊胸バストアップ法
posted by 髪のお悩みドットネット at 08:00| 脱毛症と生活習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。