2007年05月29日

ハゲは簡単に治ります!

posted by 髪のお悩みドットネット at 19:48| 育毛とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

育毛とは?

育毛とは?

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

現在ある髪の毛を健康に保ち、抜け毛を防ぐということです。

育毛といえば、育毛剤のイメージがありますが育毛剤の本来の役割は、現在ある髪の健康を保ち育てること。

髪が健康になると抜け毛が減り、数年後には何もしないよりも多く髪が残り、結果的に髪が増えることになります。

つけたらすぐに髪がはえてくるということはありませんが、髪質や頭皮にあったものを気長に使えば効果が見えてきます。

また、育毛サービスは、頭皮に育毛成分を与えたり、マッサージなどの刺激を与えることにより、頭皮の健康と毛の発育を促すものです。育毛剤を自分で利用するのに比べると、費用はかかりますが、専門家がトータル的にケアをしてくれるというメリットがあります。

育毛の方法

育毛にもさまざまな方法があります。自分でケアする場合に使う市販の育毛製品だけでも、頭につける育毛剤、育毛シャンプー、育毛石鹸、そして飲む育毛剤などがあります。また専門家に任せる場合でも、育毛クリニックや育毛サロンの他、最近は理髪店でも積極的に育毛に取り組むところが増えてきました。


育毛剤

各メーカーによって使用方法は異なりますが、基本的な育毛剤の頭部への塗布は、洗髪後の清潔な頭皮に使用した方がよいでしょう。
 髪の毛ではなく、頭皮に直接擦り込むように指の腹でマッサージをしながらの塗布を心掛けましょう。



育毛の注意点

■ブラッシングをシャンプー前にしておきましょう。
ブラッシングは頭皮を傷つけないような、先が球状のもので軽く行ってください。強くブラッシングすると頭皮を傷つける原因にもなりますので気をつけましょう。

■シャンプーをすると髪が抜けますが、それをこわがってシャンプーをしないと頭皮に炎症をおこし、それが抜け毛を増やす原因にもなります。少なくとも2日に1回はシャンプーをしましょう。

■マッサージは頭皮の血行を良くし、髪の毛を作る毛乳頭へ栄養補給をスムーズに行えるメリットがあります。マッサージの注意点は、つめを立てずにすることです。頭皮を傷つけると逆効果になってしまいます。

■パーマ・ヘアカラーは頭皮に薬が付着しなければ問題ないのですが、やはり頭皮への影響も多いようです。薄毛が気になる人は行わないほうが良いでしょう。
紫外線も頭皮には天敵です。紫外線が強いときは帽子や日傘で紫外線防止対策を行いましょう。



はげ!ハゲ!剥げ!要注意!増毛植毛抜け毛つけ毛対策委員会





[PR]
東京都歯科医院検索サイト
posted by 髪のお悩みドットネット at 12:45| 育毛とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。