2007年02月14日

自毛植毛についての仕組み

自毛植毛についての仕組み

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

はじめに自身の毛髪細胞であるドナーの採取をおこないます。
後頭部から採取した毛髪細胞を、ドナーを採取した部分を縫合します。

ドナーの採取時、縫合時は全く痛みはありません。なおドナー採取において毛髪の薄い方でも1cm四方で約160本の毛髪が存在するため、どの方でもドナー採取は可能です。

毛穴単位まで株分けし、毛穴単位で自分の髪を植え込んでいきます。採取されたドナーは、グラフト(=毛根を含んだ小さな皮膚片)に株分けされます。また、グラフトは、移植される場所に合わせて3つのサイズに分類します。

ドクターにより髪の毛の方向・グラフトのサイズに合わせて、専用ハンドピースを使用し、 移植部位の作成をします。株分けしたグラフトを作成した移植部位に、形・向きに注意し、移植用専用ハンドピースを使用しグラフトに手を触れることなく移植します。

すべての移植が終わり、最終チェックが終わるとドナー部分の圧迫を目的に鉢巻き状に包帯します。


奇跡のフサフサ発毛術!!小林弘子の1日2分育毛発毛促進!

はげ!ハゲ!剥げ!要注意!増毛植毛抜け毛つけ毛対策委員会




[PR]
東京都歯科(歯医者・歯科医院)口コミランキング検索サイト
わきが・多汗症を改善する方法!デオドラント・レボリューション
N.H.R頭痛解消法〜誰も知らなかった頭痛の治し方〜
posted by 髪のお悩みドットネット at 00:00| 自毛植毛についての仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。